遺された蔵書─―満鉄図書館・海外日本図書館の歴史

岡村敬二著

書物が焼かれ、壊され、捨てられる――それは衝撃的なことである。しかし又、遺されることも同じぐらい衝撃的である。書架に並ぶ遺された書物・資料は、それぞれに固有な歴史の物語を見直されることによって、その存在意味をもつ。

★日本図書館協会選定図書

定価4544円+税

 

◆目次紹介

序にかえて―─蔵書の壮行会

1 満鉄図書館
満鉄図書館蔵書集積の歴史
満鉄図書館業務研究会の歴史
戦時下中国の接収資料について
残すこと遺されること――満鉄図書館員たちの資料整理

2 満州国立図書館
満州国立奉天図書館の歴史

3 北京近代科学図書館
北京近代科学図書館の〈日本〉

4 海外の日本図書館と〈ニッポン〉図書目録
戦前期海外の日本図書館と国際文化振興会
〈ニッポン図書目録〉の系譜
[付]満鉄図書館刊行物一覧/索引

  • 判型 : A5判・上製
  • 頁数 : 336頁
  • ISBN : 4-900590-46-0

この書籍のご購入はこちら

PAGE TOP