教育の文化史 1 学校の構造

佐藤秀夫著
編集委員 小野雅章・寺﨑昌男・逸見勝亮・宮澤康人

現行教育システムの史的解剖。学校観の歴史、天皇制公教育の形成過程、小学校における祝日大祭日の形成過程等、日本近現代の学校の史的構造を究明。教育の「画一性」や「エリート教育」「入試競争」等をも論ずる。

本体7800円+税

 

◆目次紹介

第1部 学校観の歴史
1 学校観の成立―小学校における課程編制の形成過程を中心として
2 学校観の系譜
3 学校観再考

第2部 天皇制公教育の形成史
4 天皇制公教育の形成史序説
5 小学校における祝日大祭日儀式の形成過程
6 「日の丸」が法制化されなかった理由―「決められないもの」を押しつける奇妙さ
7 森有禮の教育政策再考
8 1890年の諸学校制度改革案に関する考察

第3部 教育改革の歴史
9 教育における「画一性」批判の起源と構造
10 近代日本における「エリート教育」の系譜
11 入試競争の史的構造序説
12 教育改革論の「改革」

  • 判型 : A5判・上製
  • 頁数 : 386頁
  • ISBN : 4-900590-80-0

この書籍のご購入はこちら

PAGE TOP