少年たちのアメリカ─―思春期文学の帝国と〈男〉

現在品切中

吉田純子著

思春期文学を、アメリカの物語の枠組みの中に文化論的に読み解く。主人公アメリカン・アダムに体現される男らしさが、帝国のイデオロギー教化に如何に使われてきたか。――アメリカン・ドリームの深層を探る。

定価 本体2,500円+税

 

◆目次紹介

まえがき

序章 境界線上の少年たち

第1章 オズの悩める男たち

第2章 ぼくの母は猿でした

第3章 影を殺した少年

第4章 宇宙をかき乱す

第5章 パワーゲームの喜び・哀しみ

第6章 チーズになった少年

第7章 アジア、女と和解する

第8章 スラムで生きる

第9章 「アメリカの物語」を脱ぎすてる

結びにかえて

注/引用・参考文献/初出一覧

謝辞

  • 判型 : 四六判・並製
  • 頁数 : 294頁
  • ISBN : 4-900590-79-7

この書籍のご購入はこちら

PAGE TOP