切りとられた時─―第2次世界大戦下の学童疎開

イリスの会編・著

戦時下、国家政策として子どもを安全な地域に移動させた国は、日本以外にもイギリス・ドイツ・ソビエトがあった。戦後の福祉政策に影響を及ぼしたイギリスの学童疎開・ナチスに生活を管理されたドイツの子どもたちの実態を解明。

★日本図書館協会選定図書

本体3107円+税

 

◆目次紹介

はじめに

イギリスの学童疎開
1 戦前からの準備――1938年
2 最初の疎開――1939年
3 空襲下の疎開――1940年以降
4 疎開からの帰還――1944年9月以降

ドイツの学童疎開
1 ナチズムと子どもたち
2 管理された疎開生活
3 長かった我が家への道

座談会
1 はじめに
2 書き残したことや、書ききれなかったこと
3 学童疎開の国際比較
4 むすび

  • 判型 : A5判・上製
  • 頁数 : 294頁
  • ISBN : 4-900590-35-5

この書籍のご購入はこちら

PAGE TOP