中天の半月

阿部健著

定価:本体価格2,000円+税

2018年10月15日発刊予定

幕末・明治・大正・昭和という激動の時代において、開拓期の北海道から日本支配時代の朝鮮を舞台に、力強く生き抜いた一族の物語。日本人男性と結ばれた朝鮮人女性の生き方に感銘を受けずにはいられない。

 

目次紹介

まえがき
第1章 二人の政治犯
(1)高橋竹之介 /(2)転 進 /(3)大橋一蔵
第2章 北海道監獄
(1)看守白石 /(2)家族の日常 /(3)大井上典獄
第3章 朝鮮に渡る
(1)産婆学校 /(2)朝鮮通信機関 /(3)元次郎と平壌
第4章 金碩玄(キムソッキョン)
(1)出会い /(2)事件の後 /(3)出 産
第5章 独立運動前後
(1)自 立 /(2)平壌慈恵病院 /(3)闘いの後
第6章 戦間期
(1)恋する碩玄 /(2)夢見る秀治 /(3)疑惑の喜林
第7章 皇民化
(1)秀治の死 /(2)京城の秀実 /(3)平壌の羅家
第8章 親日派(チニルパ)
(1)収穫祭 /(2) 李光洙/(3)別 離
第9章 秀実の戦場
(1)実父母 /(2)病院での邂逅 /(3)脱走兵
第10章 敗戦と光復
(1)中国の抑留地 /(2)定州と古邑/(3)平壌と京城
第11章 故 郷
(1)特攻帰還 /(2)避難民と引揚者 /(3)秀実の決意
終 章 夜明けのうた
あとがき
付属資料
主な登場人物 / 略年譜 / 参考文献 / 朝鮮全図

  • 判型 : 四六
  • 頁数 : 320頁
  • ISBN : 978-4-907244-36-1

この書籍のご購入はこちら

PAGE TOP