軍隊と戦争の記憶

旧大阪真田山陸軍墓地、保存への道

定価:本体価格3,500円+税

2022年5月5日発刊

小田康徳著(大阪電気通信大学名誉教授)

 戦争遂行のために作られた旧真田山陸軍墓地は、敗戦後の「平和」の中で人々の記憶から忘れ去られようとしていた。この本は戦争のための軍人墓地を真の平和の記念碑として未来に残すため葬られた人々、遺された人々の声を聴きながら、「戦死者追悼」の意味を問う、地道な努力の記録である。

第1部 墓地を知る

1 旧陸軍墓地の「発見」

(1)旧真田山陸軍墓地との出会い

(2)旧真田山陸軍墓地と日本の近代

(3)真田山に眠る2人のドイツ兵

2 研究会の始まりからNPO法人の設立へ

3 医学と陸軍――史料紹介・軍医監堀内利国の墓碑から見る明治前期の脚気対策

4 納骨堂の調査

(1)納骨堂悉皆調査の意義

(2)科研費調査申請書

(3)納骨堂のカード作成・写真撮影を終わって

(4)納骨堂被葬者データベースの完成と今後

(5)納骨堂の調査を終えて

(6)科研費調査の報告書

5 調査の継続と視野の広がり

(1)清国兵の墓碑6基――その基礎的理解のために

(2)真田山高等家政女学校の陸軍墓地参拝写真

(3)真田山陸軍墓地、調査の現段階

(4)会報『真田山』が第50号を迎えて

(5) 落下した墓碑片の調査と保管について

6 死者の記録=「埋葬人名簿」のデータ化から見える草創期入営者の実態

7  軍都大阪の形成過程――陸軍の創出、訓練、病気そして戦争、陸軍墓地

第2部 保存の理念を求めて

1 旧陸軍墓地保存の基本視点――大阪市と維新の会の動きを前に

2 陸軍墓地、保存の課題――なぜ?そして、どのように?

3 旧陸軍墓地を今に生かす道――財務省の予算措置決定を受けて

4 墓地の実相と戦後の歴史をふりかえって考える

5 20年の活動から気付くこと

資料

索引

  • 判型 : A5判上製
  • 頁数 : 352頁
  • ISBN : 978-4-907244-46-0

この書籍のご購入はこちら

PAGE TOP