原発が「死んだ」日――チェルノブイリ被曝児〈ベラルーシ〉89人の里親となった僧侶の20年

永江雅俊 著

定価:本体2,500円+税

2015年8月10日発刊

チェルノブイリ原発事故で被曝したベラルーシの子どもたち(20年間で89人)を、転地療養里親として支え続けた僧侶。福島原発事故から3年、原発再稼働の動きも見えるなか、「原発は反いのち」の想いを訴える。

 

☆目次紹介☆

はじめに

Ⅰ チェルノブイリ被曝児との交流

序章 フクシマからチェルノブイリへ

天災と人災/ 福島を歩いた日/ チェルノブイリ被災者からの電話

1章 チェルノブイリ被曝の子どもたち

チェルノブイリと反原発/ ベラルーシから天使がやってきた/

日本のくらしにとけこんで/ 悲しみと喜びがいっしょにいる

2章 チェルノブイリ被災地へ行く

初めてのベラルーシ/ 被曝地の村へ向かう/「キロゾーン」の遮断機/

地図から消えた村/ 子どもたちの住む村/ おもてなしの心/ 村の暮らしぶり

3章 ベラルーシで日本を想う

コウノトリが舞う川辺で/「より強く・より速く」呪縛からの解放/

ベラルーシと日本は兄弟/原爆と原発は双子/惑星と放射性元素/人の心に鬼が住む

4章 チェルノブイリと福島

チェルノブイリ被災者からのメッセージ/ 原発は「反いのち」/

友の故郷「立入禁止区域」の村へ/ ナージャからの手紙/ ナージャへの返信

5章 ベラルーシ再訪、そして

転地保養支援の拡がり/ 遠い国の近しい人たち/ 子どもたち招聘の手続き/

片言ロシア語でもわかりあえる/ 陽気な村人の喜びと悲しみと

6章 希望の未来へ……

小さな親善大使、ユリアとジャンナ/「ナターシャと過ごした夏」/ 希望と平和の集い/

読経と讃美歌/ ありがとう、みんな元気で

Ⅱ 核・原発・放射能

足の下に無数のいのち

「クニ」思想との訣別

忘れられない言葉

「スロー・デス」の怖さ

核廃棄物を国会議事堂へ

悲しみの観光化

万年先へ向かって

Ⅲ 仏法・仏道に学ぶ

仏法の座標軸

情報社会の恐ろしさ

横軸を拡げる

縦軸を掘る

父母所成/飲食所成/意識所成/仏教の地平/断食考/希望の夢

あとがき

  • 判型 : 四六判
  • 頁数 : 192頁
  • ISBN : 978-4-907244-24-8

この書籍のご購入はこちら

PAGE TOP